トップ

内蔵型冷え性とは一体

冷え性に悩む女性は大変多いと思います。普通冷え性の方は、手足が冷たいなどの自覚症状があるものです。しかし、手足はむしろ熱いくらいに温かいのにお腹や太ももなどが冷たいという場合があります。このような方は内臓が冷えていて「内蔵型冷え性」と言われます。

手足の冷たさのような自覚症状がないために、自分が冷え性となかなか気づかない方も意外に多いのですが、放っておくと冷えが進んで体調を崩したりすることもあります。また、ご自分が内蔵型の冷え性との自覚があってお悩みの方もあると思います。

そんな冷え性にお困りの方はぜひこちらを読んでみて下さい。内蔵型の冷え性の原因とそのメカニズム、そして改善策など順を追ってご紹介して行きましょう。

まず、お腹や太ももが冷たいなどの症状がある方は風邪をひきやすかったり、また一度風邪をひくと治りにくかったりすることはないでしょうか?更にお腹の調子が良くなくて、お腹をこわす、便秘になるを繰り返したり、気温が低くて寒い日には動けなくなってしまったりなど。これらはどれも内臓型冷え性の症状と言えます。

また、目安として体温が36.3度以下だと内臓が冷えていることが多いです。このような内臓型冷え性の原因として、血管の収縮が上手くいっていない、ということが考えられます。健康な状態であれば、人の身体は寒い時には末端の血管を収縮して細くし、内臓に血液を行きわたらせて温め、体温の調節をしようとします。

これをコントロールしているのは自律神経なのですが、何らかの原因で自律神経のバランスが乱れると末端の血管が収縮できなくなり、体温を上げることができずに内臓が冷たくなってしまうのです。このため熱は身体の表面近くで発散されてしまい、体感としてはあまり冷えを感じず、末端の手足が熱く感じるのです。

Copyright © 内蔵型冷え性の症状とメカニズム. All rights reserved.